iPhone アップル製品

iPhone69月9日発表!?いよいよ信憑性の高い情報が出てきた。これまでの噂をまとめてみる。

皆さんこんばんわ

 

ついに待ちに待ったiPhone6の有力な情報がありました。

米アップルが来月9日にスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新製品発表会を計画していることが5日、分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などが報じた。来月中にも発売される見通し。

Yahoo!JapanニュースBUSINESS 新型iPhone、来月9日発表か=画面大きく―米アップルより引用

噂通り4.7インチと5.5インチの2パターンをラインナップし、またワイヤレス充電など新たな機能を付けると予想されている。

毎回発売の際は入手しにくい状況となっているが、今回は年内に7000万〜8000万台を生産するらしい。

僕は購入する予定だが、サイズの違いで価格がどれほど変わってくるのかが気になります。

それではこれまでのiPhone6に関する噂をまとめてみます。

5.5インチの発売は遅れる!?

4.7インチが9月中に発売されると関係者は予想しているそうですが、

5.5インチはさらに数週間遅れるかもしれないと予想されている。

新型iPhone量産を来月開始!9月に発売か!?で紹介したように5.5インチは特殊で、生産が難しいのだろうか。

これまで発表から2週間くらいで発売されていることを考えると。5.5インチ野発売は10月上旬だろうか。

CPUはこれまでよりかなり高性能

現行モデルはA7プロセッサーと呼ばれるコア当たりの速度が1.3GHzに対して、

iPhone6はA8プロッセサーと呼ばれるコア当たりの速度が2.0GHzに達する。

実際に体感でどれほど変わるのかはわからないが、1.3GHzと2.0GHzだと

PC用のCPUでは体感速度はかなりの違いがある。

これはかなり期待できるのではないだろうか。

 

802.11acに対応

みなさんこの規格は聞いたことありますか?

これは超高速な無線LANの規格です。

実は2013年頃からドラフト規格としては無線LANルーターが売られていましたが、

正式な規格となったのは2014年1月8日からです。

この規格に対応する物を使用すると理論値で最高6933Mbpsまで出るそうです。

現在はまだ1300Mbpsまでしか対応している物が無いそうです。

それでもかなり高速ですよね。

それがiPhone6に搭載されます。

家でのWi-Fi環境ではyoutubeで途中で止まるというようなことがなくなるかもしれませんね。

ただ、この規格を使う場合は無線LANルーターも対応した物に変える必要があります。

 

その他の機能

NFC搭載

この機能はおサイフケータイのようにモバイル決済ができる機能のようです。

対応する店がどれだけ出てくるかで快適さが変わってきそうですね。

スクリーン

以前はサファイアスクリーンが使われると言われていましたが、

最新情報では、それには劣る素材が使われるそうです。

まぁあんまり関係ないですよね笑

 

最後に

iPhone6に関する情報は現時点で出ている噂であり、実際に上記の物が搭載されるかはわかりません。

ただ、かなり信憑性が高いと思われます。

今後も最新情報が出てきたらさらにまとめていきたいと思います。

 

 

-iPhone, アップル製品

Copyright© ネターナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.