アップル製品

iPadProとApplePencilを購入したので開封の儀とやらをやってみた

IMG 4864

最近の金遣いが荒い。

3月はニンテンドースイッチを購入したばかりなのにiPadProも買ってしまいました。

今までiPad Air2を使っていたのですが、ちょうどwimax2+の更新月だったということもあり、一度解約して再度契約。

そしたら年度末ということもあり、通常プランでも買い物から二万円引きしますとのこと。

これを機にiPadProとApple Pencilを購入しました。

とりあえず開封の儀

iPadProの開封

IMG 4865

いきなり開けてしまいましたが、正直iPadは4台目。

いつも通りの梱包方法ですね。

このぴったりと収まった感じがすごい好きですね。

このぴったりしたiPadをどうやって取り出すかというと

IMG 4867

こういうタブのようなものがつけられていますのでこれを引っ張ると簡単に取り出すことができます。

粋な計らいですね。

iPadを取り出すと付属品が入っています。

IMG 4869

いつもの充電器とUSBケーブルですね。

ここで注意。

iPadProといえばペンでお絵かきしたりノートをとったりできることが売りですよね。

しかし専用のApple Pencilは別売りです。

付属品だと思っていた私は急遽ペンシルを購入した為、遥かに予算オーバーしました。

気をつけてください。

続いて一緒に購入したApple Pencil

IMG 4871

アップル製品といえば持ち上げて開けます。

ペンシルは開かないなーと思ったら、スライドだった。

IMG 4873

ペンが一本と交換用のペン先。

そんなに消耗するのかな?

握った感じはこんな感じだった

IMG 4875

太さは鉛筆を持っている感じ。

しかし長さはちょっと違和感。長いわー。

慣れの問題ですがちょっと長いので重心のコントロールが少し難しいかも。

ペンの使い道

メモをとったり、お絵かき用のアプリが多数出ていますが、もともとのiPadの用途だとそんなに使うことはないかなーという印象。

お絵かきアプリは結構楽しいですけどね。

あとApple Pencilを押すのであれば、せめて本体に収納する方法を用意してほしかったな。

忘れがちだし、無くしそう。

まとめ

iPadProはすでに発売して1年経っており、4月に新型の噂が出ていましたが、wimaxの関係上3月に購入しました。

そもそもiPadProは性能が高いので型落ち寸前でも全く問題ないです。

Apple Pencilはイラストの仕事や授業でメモをとるよな人でなければすぐには必要ないと思います。

12,000円くらいしますしね。

せっかくなので後日レビューもしたいと思います。

-アップル製品

Copyright© ネターナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.