Mac アップル製品

MacBook AirかMacBook Proを検討。実機を触ったレビューを踏まえて比較してみました。

最近PCに向かうことが多く、リビングや外で使用するために小さなノートPCがほしいなと思っていました。

ただどうしてもWindows8が好きになれず、またiPhoneとiPadminiを所有しているため、Macもちょっと気になっていました。

ヨドバシカメラにApple専門コーナーが出来ており、行って実機を触ってきたら、デザインの素晴らしさ、小ささ、動作性能、申し分がなかったので本気で購入しようか検討しています。

なので今回は候補に挙がっているMacBook AirとMacBook Proの2機種を比較検討してみました。

 

MacBook Air

MacBookAir

スペック

1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 プロセッサ

Intel HD Graphics 5000

4GBメモリ

128GBフラッシュストレージ

 

MacBookAirは11インチと13インチがあり、

11インチが1.08kg バッテリー9時間

13インチが1.35kg バッテリー12時間

 

Macはコストパフォーマンスが悪いとよく言われますが、

このスペックでこのサイズのPCはWindowsだと10万超えますよね?

 

MacBookAirはどちらかというとメインで使うPCというよりも外に持ち出すことを考えたPCです。

ヨドバシで見た感じも、画面の見やすさは13インチに軍配が上がりますが、畳んだときに大きなかばんでないと入らないと思いました。

11インチを折りたたんだ時、iPadと大差ないサイズだと思いました。画面の見やすさは13インチに劣るものの、決して見にくいというわけではないため、

MacBookAirなら11インチかな~って思いました。

 

MacBookPro

MacBookPro

スペック

2.4GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ

Intel Iris Graphics 4000

4GBメモリ

128GBフラッシュストレージ

MacBookProの最大の特徴はその性能です。

2.4GHzのCPUで動画編集などの処理を簡単にこなせてしまう性能。

またRetinaディスプレイを採用することでの高画質。

このRetinaはiPhoneでしか体感したことがなかったため、大差ないと思っていたけど、

デモ機見たとき感動しました。

それほど美しい画質でした。

MacBookProはメインの一台にするには最適だと思います。

またAir程ではないですが、

13インチが1.62kg

15インチが2.02kg

と、携帯性が決して悪いわけではないです。

まとめ

2機種ともに特徴があり、最適な1台は人によって違うと思います。

ただ一つ言えることは、よく言われるMacはコストパフォーマンスが悪いということは決してない。

Letsnoteなんて高くて買えやしない。

Macはコストパフォーマンスが良いと宣言したい。

 

今回、Macbookを検討したのは、出張とかに気軽に持っていけるPCを購入したいと考えていたため、

今の最有力候補はMacBookAirの11インチだ。

さて、嫁になんて言おう。

-Mac, アップル製品

Copyright© ネターナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.