Mac

僕が新型MacbookPro15インチをポチった理由と選び方

MacBook Pro

みなさんこんにちわ。

10月28日にようやく新型Macbook Proが発表されましたね。

現金で買うかローンを組むか。どのモデルにしようか、嫁になんて言おうか。

色々悩みが尽きません。

そんな私は発表された日の朝、すぐにMacbook Pro15インチをポチりました。

もともと15インチを購入するつもりでしたが、思いがけない機能の追加やポートの廃止など、すでに賛否両論が繰り広げられていますので、正直迷いましたが結局15インチの一番上のグレードをカスタマイズせずに購入することになりました。

前置きが長くなりましたが、Macbook Proの15インチを選んだ理由を書かせていただきますので、これから購入する方や迷っている方の参考になればとお思います。

Yumetoが購入したMacbook Pro15インチのスペック

CPU:2.7GHZクアッドコア Core i7

メモリ:16GB 2,133MHzメモリ

ストレージ:512GB SSD

グラフィック:Radeon Pro 455

¥278,800

私はLogic Proを使いますし、これから動画編集などやっていきたいなーと思っているので、こう言った用途の場合、CPUとメモリが物を言います。

大は小を兼ねるではないですが、動画編集などのややこしい作業をする場合は予算が許す限り高性能を選んでおくべきでしょう。

そして細かい作業が必要になりますので、画面の大きさは正義なのです。

今11インチの MacBook Airを使っているので、よりそう思います。

MacbookPro13インチは中途半端?

以前から思っていましたが、どうしても私にはMacbook Pro13インチは中途半端な気がします。

それは今回発表された新型MacBook Proにも同じことが言えます。

なぜならMacBook Pro13インチはどれだけマスタマイズにお金をかけてもクアッドコアを選べないのです。

それだったらコア数は違えど、Macbook Airで良いのでは?と思います。

動画編集したり、Windowsを同時に動かしたりするならどうしてもコア数が大事になってきます。

ネットやメール、ブログ更新やオフィス系ソフトを使うぶんには今使っているMacbook Air11インチで不便に感じたことはありません。MacBook Airで十分なのです。

まとめ

待ちに待ったMacBook Proですが、CPUが一世代前だったり、ファンクションキーやUSB-A、SDカードスロットやHDMIの廃止で不便することもあるかもしれません。

Touch Barもどんな感じで使用していくのかまだあまり想像できませんが、頑張って使いこなしていきたいと思います。

そして新型MacBook Proはたまにしか持ち運ばないのなら絶対15インチにするべきだと思います。

届くのは11月末らしいので、届いたら改めてレビューしたいともいます。

では!

-Mac

Copyright© ネターナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.